ホーム>科学研究>研究チーム
研究チーム
 

 実験室は遺伝子学、動物遺伝子育種と繁殖、獣医学、生態学などを専攻する博士、修士からなっている研究チームが構築されています。このチームに政府の専門家や地方の抜群な人材など含まれている高級、中級研究員は46人、客員研究員30人がいます。その中に、教授12人(中国科学院アカデミー会員一人、博士課程の指導教官は12人)、副教授、副研究員7人、中級研究員27人、博士号の獲得者24人います。

 近年来、人材育成の面でより強い力を入れている基地は、大量な科学研究人材を育成しながら、人材の培養条件を改善した上、国内外から数多い高級人材を取り入れています。2003年、パンダ基地は四川省政府から「四川省人材開発先進機構」受賞し、また中央政府の人事部より「ポスドク・ワークステーション」と許可されました。
y5.jpg
22.jpg

 本学は野生動物の正常な成長、発情、繁殖、哺育など生物種の自然成長繁殖規律を研究内容としています。本研究はパンダを代表とする中国特有な絶滅動物の成長発育規律、生理特性、栄養需要の特徴、生殖をコントロールするメカニズムと行為規律などに重点をおいて研究しながら、絶滅動物の人工繁殖が直面しているボトルネック問題を解決し、パンダの自然繁殖能力を回復させ、絶滅動物の生存力と繁殖力を向上し、絶滅動物の人工繁殖の標準化体系を構築し、健全しようとするのです。

研究室は次のメンバーから構成されています:

23.jpg

22.jpg

 現代ゲノミクス、プロテオミクスと生物情報学の理論と方法を生かし、分子マークの選別、応用と標準化方法を研究します;動物の移行、拡散と遺伝子の流動;遺伝子家系図の標準化方法と応用;飼育種の遺伝子管理;遺伝子多様性と絶滅危惧類のメカニズムに関する研究を通し、理論と実践の両面から絶滅危惧類の遺伝子管理の若干な問題を解決しようとしています。

研究室は次のメンバーから構成されています:

25.jpg

22.jpg

 本学は衛星リモートセンシング技術、全球測位システムと地理情報系統などの現代科学技術と系統生態学の方法を利用し、絶滅動物の生活環境の選択、移行拡散、情報交流などを綿密な研究を行います;絶滅動物生息地の現状や、発展予測及び生存状況などを全面的に評定します;絶滅動物の地理的な情報系統を構築します;自然保護区の保護力と保護水準の評価システムを構築し、健全します;地球温暖化のパンダなどの絶滅動物への影響を研究します;実効性のある野生動物保護策と計画を作成します。

研究室は次のメンバーから構成されています:

27.jpg

22.jpg

 本学は現代の分子生物学、免疫学と生物医学技術を利用し、野生動物疾病の観測系統と早期警戒メカニズムの研究を行っています。人間と野生動物、及び野生動物間の疾病の交差感染と伝播を予防するために、疾病の予防体系を研究し完善します;または野生動物群発性疾病の救護とコントロール技術を研究対象としています。

研究室は次のメンバーから構成されています:
29.jpg