ホーム>科学研究>パンダに関する著書
パンダに関する著書
 

大熊猫d.jpg

ジャイアントパンダ-------生物学、獣医学と管理

編集者:David E. Wildt,、張安居、張和民、Donald L. Janssen, Susie Ellis

出版社:ケンブリッジ大学

内容: 本書は繁殖、行為、栄養、遺伝子と疾病を含むパンダの生物学に関する知識を概述すると同時に、パンダの出産、育児及び人工飼育のパンダを対象に行われている遺伝子管理の最新動向を述べています。

繁育与疾病.jpg 

ジャイアントパンダの繁殖と疾病研究

編集者:馮文和、張安居

出版社:四川科学技術出版社

内容: パンダの数量減少の原因及び保護対策;パンダの飼育と繁殖;マイクロとサブマイクロ構造;細胞遺伝子学;生化遺伝子学;症例分析などの内容が主です。本書は見本として、動物園などの機構は自分なりの技術と経験で、どのようにパンダ保護に力を尽くしているのかを述べています。
迁地保护.jpg
 生息地外のパンダ保護:理論と実践
 編集者:張志和、魏補文
出版社:科学出版社
内容:本書は絶滅危惧種保護の最新理論と研究成果を参考した上に、多年にわたるパンダ繁殖の経験をまとめ、生息地外のパンダ保護の最新成果と実戦経験を全面的に紹介しています。挿し絵が多く、文章もすぐれた本書はパンダの生態、飼育管理、栄養、行為、繁殖、疾病及び遺伝子などの多領域をわたり、理論性と実用性の両面も兼備していると言えるでしょう。

圈养.jpg
人工飼育パンダの研究進展
 編集者:張志和
出版社:四川出版グループ、四川科学技術出版社
内容: 成都パンダ繁殖基地の人工飼育パンダの領域での努力の成果として、1997年以来発表された研究員たちの論文で編集されたものです。本書はジャイアントパンダとそれをめぐる研究を中心に、次の六章からなっています:一、栄養研究;二、繁殖育児;三、生理生化;四、遺伝子研究;五、疾病の予防と治療;六、ほかの論文。


野生动物寄生虫.jpg 

 野生動物寄生虫病学
 編集者:楊光友、張志和
 出版社:科学出版社
内容:パンダなどの絶滅危惧種野生動物に多発する寄生虫病を中心に書かれた著書です。本書はわが国の野生動物(獣類、鳥類と爬虫類)がかかる寄生虫病の予防と治療の研究成果と経験をまとめ、海外野生動物園の寄生虫病観測と予防の成果を紹介しています。また各寄生虫病の病因形態、生活史、疫学、病理変化、診断検疫、モニターと予防措置などを挿絵付きに紹介しています。
 
97.jpg
 97成都国際ジャイアントパンダ保護セミナー論文集

編集者:張安居、何光昕

出版社:四川科学技術出版社

内容: 1997年9月24日~28日、「97年国際ジャイアントパンダ祭り」がパンダの故郷の中国四川成都で開催されました。系統的な交流と集中的な討論が行われたほか、次回のセミナーに資料を提供ために、108編の論文が編集され本書も出版されました。本書の出版は絶滅危惧種野生動物の自然保護、生息地外繁殖及び数量増加に参考例を提供してくれました。
 

金丝猴.jpg

 ジャイアントパンダ、キンシコウ、ターキン、ニホンジカ、レッサーパンダ、ジャコウ 文献情報
編集者:劉天成

出版社:四川科学技術出版社

内容: 本書は七種の希少動物をめぐる研究概要、ダイジェストと索引からなっています。各動物の名称の後に概要を述べてから、ダイジェストを載せています。ダイジェストは文献があって以来各動物に関する国内外の著書と報道を整理と翻訳し、検索用のダイジェストとして編集されたものです。