ホーム>パンダの逸聞
タケノコを食べる「奇一」
 

  ジャイアントパンダの「奇一」(チ―イー)は、頭のてっぺんにWi-Fiマークのような癖毛があることで一躍人気者になりました。群れの中にいても、目印の癖毛で、すぐに「奇一」を見分けることができます。また、ウサギのようにピョンピョンと飛び跳ねる様子や、飼育員の太ももに抱きつく映像がインターネット上で人気を博し、「奇小方」、「奇兔兔」、「熊好方」など、数々のニックネームが付けられました。

 

图片1.png

 

图片2.png
 奇一:頭のてっぺんの“Wi-Fiマーク”が分かりますか?

 

 では、活発で可愛い「奇一」がタケノコを食べる様子を一緒に覗いてみましょう!

 

图片3.png
真剣にタケノコを探す「奇一」

 

图片4.png
 タケノコは、多ければ多いほど良い

 

图片5.png
 奇一:タケノコさえあれば、何があっても大丈夫。

 

图片6.png
奇一:ちょっとタケノコを嗅いでみよう。

 

图片7.png
奇一(左):「福順」(フーシュン)、早く起きて!お昼ご飯を食べよう。 福順(右):焦らないで。腹ばいでも食べられるよ。

 

图片8.png
タケノコを食べ終わり、ゆっくりとその場を去る「奇一」

 

 「奇一」がタケノコを食べる姿に魅了されましたか?是非、綺麗な白い毛と短い脚が特徴の「奇一」に会いに、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地へいらしてください!