ホーム>パンダの逸聞
仲良し親子
 

 母と子は、世界で最も深い感情の絆で結ばれています。子供が母親と共に過ごす日々は、常に優しさと信頼で包まれています。ジャイアントパンダは、生まれてから1歳半までの時間を母親と一緒に過ごし、生きるために必要なスキルを学びます。1歳半になると、母親から離れて単独生活を始めます。母親と過ごす時間は短いものの、幸せに満ちた時間といえるでしょう。それでは、「艾莉」(アイリ―)と「艾倫」(アイルン)の様子を通じて、親子の深い愛情を感じてみましょう。

 

 


熟睡する母親にぴったりと寄り添う「艾倫」

 


<艾倫:お母さん、早く起きて!勉強の時間だよ!

 

 


艾莉:可愛い坊や、あと5分だけ寝かせてね。

 


「艾倫」をなだめ、再び眠りにつく「艾莉」

 

 「艾莉」が休息していると、いたずらっ子の「艾倫」は一人遊びを始めました。

 

 

 


艾倫:お母さんがそばにいるから、安心して遊べるね。

 


起き上がり、腕白な息子の面倒を見る「艾莉」

 

 「艾莉」が眠りから目覚めると、「艾倫」への教育の時間が始まりました。

 

 

 


「艾倫」に木の台の登り方を教える「艾莉」

 

 


「艾倫」にタケの食べ方を教える「艾莉」

 

 母親の「艾莉」と子パンダ「艾倫」の日常を見て、あなたもお母さんと過ごした時間を思い出したのではないでしょうか?お母さんと過ごした日々は私たちの成長の原動力となり、その思い出は今後の生命の旅を果敢に前進する糧となることでしょう!