ホーム>パンダの逸聞
木登りが大好きな昭美
 

  木登りは、中国の国宝であるジャイアントパンダに生まれながらにして備わっているスキルです。生後3、4か月のジャイアントパンダの赤ちゃんは、歩けるようになると同時に木登りの練習を始めます。野生の成年のジャイアントパンダには天敵はほとんどいません。しかし、赤ちゃんや病気で弱っている個体は、アジアゴールデンキャット、ドール、キエリテンなどの野生動物に襲われることがあります。木登りは、天敵から身を守り、生き残るために欠かせない手段と言えるのです。え?皆さんも木登りを習得したいですって?!では、ジャイアントパンダの「昭美」(ジャオメイ)に教えてもらいましょう!

 

 「昭美」は、2014年に保護された野生個体です。昭覚境界内で美姑県大風頂保護区管理局によって保護されたため、保護区のスタッフにより「昭美」と名付けられました。「昭美」は、木登りを非常に好み、活発で食欲も旺盛です。来園者の皆さんは、屋外運動場で活発に過ごす彼女の姿をいつでも目にすることができます。

 


昭美:物静かに見える私ですが、実は木登りが大好き!

 


木の上のたたずまいも絵になるほど美しい「昭美」

 


「昭美」、台の上で食べるの?

 


いいえ、木の上で食べると、もっと美味しいの!

 


木の上の暮らしは、とても気持ちが良い!

 


木の上で肢を掻く「昭美」

 


さて、ヨガの練習でもしようかな!

 

 


ここで休憩したり眠りにつくのも、とっても気持ちが良いよ!

 

 以上、「昭美」の悠々自適な毎日を紹介しました。「昭美」は、心地良く、のんびりと気ままにジャイアントパンダらしい生活を送っています。皆さんも、忙しい仕事の合間に心を落ち着かせ、心と身体をリセットしてみてください。時には何もせず、ぼんやりすることも大切です。今週末、ジャイアントパンダに会いに出かけてみませんか?