ホーム>パンダの逸聞
まもなく1歳になる「成浪」
 

  ジャイアントパンダの世界に、生まれてすぐに世界記録を塗り替えた個体がいます。彼女の出生当時の体重はわずか42.8gと卵1個分よりも軽く、それまでの「五一」(ウーイー)の51gという記録を大きく下回ったのです。体長も双子の姉の3分の2にも満たないほどの小さな身体で生まれてきたジャイアントパンダこそが「成浪」(チェンラン)です。彼女は、生まれてからこれまで、人々の関心を一身に集めてきました。まもなく1歳の誕生日を迎える「成浪」は、毎日のびのびと暮らし、個性的なパンダへと成長しています。

 


高い枕は気持ちが良い

 


一番リラックスできる寝相

 


パンダの生き方について考える

 


幹を抱えて顔を半分隠す

 


「成浪」のお気に入りの木

 


成浪「“績笑”(ジーシャオ)、私たちだけの秘密だよ!」

 


楽しくて今にも飛んで行ってしまいそう

 

 

 出生当初は身体も小さく弱々しかった「成浪」ですが、母親の「成大」(チェンダー)や飼育員の愛情と心のこもったケアにより、今では、体格も同年齢のほかのジャイアントパンダと大差ありません。今後も、「成浪」がいかなる困難にも負けず、楽しい毎日を過ごせるよう願っています。