ホーム>イベント
愛の光 ― 友邦生命保険有限会社が成都パンダ基地を訪問
 

 先日、ジャイアントパンダなどの絶滅危惧種や公益事業に対する支援を示そうと、友邦生命保険有限会社(以下、AIA)が成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地(以下、成都パンダ基地)の双子のジャイアントパンダの終身里親になりました。双子のオスは「友双」(ヨウシュアン)、メスは「友喜」(ヨウシー)と命名されました。

 そして、AIA中国地区CMOを務める姜利民氏、AIAのドリームアンバサダーの鄭雲龍氏、AIAのエンジェル・ファミリーが、AIAグループの新メンバーとなったジャイアントパンダの「友双」と「友喜」に会いに成都パンダ基地を訪れました。

 AIA中国地区CMOの姜利民氏は、「AIA四川支部の設立の日に里親になり、ジャイアントパンダの保護事業に携われることを非常に有意義に感じています。今後も動物保護事業に関心を寄せていきたいと考えています」と話しました。続いて、成都パンダ基地主任兼書記の呉永勝氏が、AIAに感謝の意を示しました。そして、世界中の人々から愛される稀少動物のジャイアントパンダは、動物保護の象徴でありアンブレラ種でもあると話し、今後も多くの企業や個人が絶滅危機種の保護事業の輪に加わり、共に美しい地球を築いてほしいと希望を述べました。その後、里親であることの証明と感謝の意味を込め、呉主任から里親任命書が贈られました。

 

 


友双


友喜