ホーム>イベント
第50回アースデイの普及イベントを成都パンダ基地で開催
 

 2019年4月22日、第50回アースデイを迎えました。中国自然資源部により、今年のアースデイのテーマは「慈しもう、美しい地球。守ろう、自然資源」に決まりました。「環境こそが財産」、「人と自然の調和のとれた共存」、この2つを人々の共通理念として打ち立て、青少年が自然と触れ合うことで自然を理解し、環境保護の意識を呼び起こすことが目的として挙げられます。

 成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地(以下、成都パンダ基地)では、今年のアースデイのテーマに基づき「大自然と触れ合おう ― 成都パンダ基地・バードウォッチングキャンプ」と題した科学普及イベントを開催しました。成都パンダ基地は、「ジャイアントパンダの域外保全の生態モデルプロジェクト」として、ジャイアントパンダやレッサーパンダなどの中国固有の絶滅危惧野生動物の保護と繁殖・育成事業で世界にその名を知られています。また、「国宝の自然の楽園、私たちの桃源郷」とも称されています。約70万㎢に達する基地の総面積の約90%が緑に覆われており、世界でも稀に見る都市型の緑地生態公園です。鳥類の良好な生息地にもなっており、統計によると、約150種の鳥類を観測できる成都市内の最良バードウォッチング地点として公認されています。

 今回のイベントの参加者は、『成都パンダ基地 バードウォッチングハンドブック』を手に、鳥類の写真を元に成都パンダ基地でよく見られる鳥類を鑑賞したり識別して楽しみました。また、専門家による鳥類の保護知識とバードウォッチング講座が開催され、その後、専門家の指導を受け、実際に鳥類観察をしながらテクニックなどを学んでいました。

 イベントでは、講座での解説と実地演習を交えることで、参加者は様々な角度から鳥類保護の知識や鳥類愛護に関する技術を習得していました。当イベント開催の目的として、鳥類の正確な生存状況の把握方法を習得し、昨今のあわただしい生活の中で歩みを止め、自然に寄り添い、人々の大自然への想いを一つにすることが挙げられます。また、環境問題に関心を持ち、身近にある小さなことから環境保護に取り組み、持続可能なライフスタイルを送り、共に美しい地球を守って行こうと呼びかけました。

 

 








専門家による鳥類の解説





専門家にバードウォッチングの設備とテクニックについて教わる参加者











バードウォッチングを楽しむ参加者






 

 関連知識:

 アースデイ(Earth Day)は、毎年4月22日、地球環境を考える日として定められた記念日です。アースデイの活動は、1970年、アメリカ合衆国のある大学生により始まりました。その後20年間、アースデイは、現代社会における環境保護運動の先駆けとして、西欧諸国の環境保護に関する法律の制定に大きな影響力を与えました。そして、2009年、国際連合総会においてアースデイが世界共通の環境保護の記念日として正式に定められました。

 90年代には中国もその輪に加わり、毎年4月22日にはアースデイのイベントが各地で行われています。毎年、その年の状況に合わせてイベントのテーマが定められ、より多くの人々の地球環境の保護や愛護の意識を高め、資源開発と環境保護との調和のとれた発展を目指すことを目的としています。