ホーム>最新ニュース
成都パンダ基地で科学普及イベント「2022年 全国省エネ普及週間」、および「全国低炭素デー」を開催
 
 6月13日から19日は、「2022年 全国省エネ普及週間」です。今年のテーマは「エコで低炭素な発展に向け、率先して省エネに取り組もう」でした。そして、6月15日の「全国低炭素デー」のテーマは「“ダブルカーボン”に取り組み、美しい地球を守ろう」でした。それに合わせ、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地のジャイアントパンダ博物館では科学普及イベント「省エネの“小川”(シャオチュアン)と低炭素活動に取り組もう」が開催されました。
 イベントでは、ジャイアントパンダの省エネで効率の良い食性と、環境に優しい低炭素活動にスポットを当て、ポスターの展示、「ダブルカーボン」の紹介ビデオの放映、「ジャイアントパンダのおしゃべり交流会」と題したスタッフによる解説などのコーナーが設けられました。他にも、環境保護活動のパネルを手にした参加者と「小川」の像との記念撮影、参加者同士の意見交換、PRグッズの配布などがありました。また、当イベントにまつわる情報は各公式アカウント上でも紹介されました。当イベントは、省エネと低炭素活動に関する情報を広め、人々にジャイアントパンダのユニークな食性や行動について正しく学んでもらうことで、科学的素養を育み、環境保護に対する意識の向上を図ることを目的に開催されました。イベントを通じて、エコなライフスタイルを心がけながら環境保護活動に取り組み、美しく調和のとれた地球を守っていこうと参加者に呼びかけました。
 



ポスターの展示

「ジャイアントパンダのおしゃべり交流会」でのスタッフによる解説


「ダブルカーボン」の紹介ビデオを鑑賞する参加者たち


「四川省の発展に向けた低炭素生活」に関する解説

 

考えを共有し合い、PRグッズを受け取る参加者たち

 

 

環境保護活動のパネルを手に「小川」の像と記念撮影をする参加者たち