ホーム>最新ニュース
成都パンダ基地開催の学習研究セミナーが「2021年度 中国新メディア公益事業優秀事例トップ10」を受賞
 
成都パンダ基地開催の学習研究セミナーが「2021年度 中国新メディア公益事業優秀事例トップ10」を受賞
 
ライブ中継、人探しサービス、権益保護サービスなどの分野におけるプログラムが選出対象です。
 
「2021年度 中国新メディア公益事業優秀事例トップ10」に選ばれた事例は以下の通りです。新華社新メディアセンターによる新華社のクライアント端末の公益サービスプラットフォーム「全民拍」;科技日報社による公益イベント「科学技術のかすかな光が未来の夢に火を灯す」;澎湃新聞による「河南省洪水災害緊急支援プラットフォームと募金プロジェクト」;bilibiliによる「農村教育公益プロジェクト」;中国青年ネットワークによる農村支援活動のライブ放送「高速道路に沿って中国を見学・中国人の物語」;百度による「AI人探しプロジェクト」;CCTVネット版によるシリーズ公益イベント「ジャイアントパンダの学習研究セミナー」;人民ネットワークによるプラットフォーム「人民からの苦情」;東南ネットワークによるネットワーク公益イベント「閩善行」;湖南広電グループによるライブ放送プロジェクト「希望の田野 ― マンゴーTV青春農村支援」。
 
成都パンダ基地の科学普及チームは長年に渡って革新と模索を続け、学校教育のニーズや学習研究イベントの具体的な規定に沿って、成都パンダ基地のジャイアントパンダの遺伝子学、栄養学、行動学、疾病予防とコントロール、動物の管理などの分野の専門家と協力しながら、「ジャイアントパンダの遺伝資源バンクに隠された秘密を探ろう」、「私は動物行動学者」、「顕微鏡でジャイアントパンダの血液を観察しよう」、「ジャイアントパンダのエンリッチメント・デザイナー」、「ジャイアントパンダの食事の秘密を探ろう」などの学習研究イベントを打ち出してきました。成都パンダ基地の学習研究イベントは、児童や保護者、教師などから幅広く評価され、全国規模の科学技術革新プロジェクト案の募集イベントで1等賞を受賞しています。
 
学習研究イベントをより影響力のあるものにしようと、成都パンダ基地では既存の学習研究テーマイベントを基に、シリーズ番組「ジャイアントパンダの学習研究セミナー」を制作しました。当番組は計8回に渡り、1回の放送は約7〜12分です。成都パンダ基地の科学普及スタッフや四川省絶滅危惧野生動物保護生物学重点実験室の科学者が、ジャイアントパンダの奥深い科学知識や学習研究の内容をオンライン上で分かりやすく解説します。この革新的な解説方式により、ジャイアントパンダに対する研究意欲や知的好奇心が掻き立てられることでしょう。当番組は各研究の意義やセミナーの運用に焦点を当てた内容となっており、各テーマに沿って関連分野の専門家へのインタビューを行い、科学研究シーンの再現、またジャイアントパンダの映像や画像を多く盛り込んだ豊富な番組内容が特徴です。
 
「ジャイアントパンダの学習研究セミナー」は、成都パンダ基地の公式アカウント、パンダ学院の公式アカウント、CCTVネット版の全プラットフォーム(WeChatの公式アカウント、ウェイボー、知乎、bilibiliを含む)、pandapia のbilibili版サイト、MIGUなどで視聴することが出来ます。成都パンダ基地の自社メディアと提携メディアの利点を活かすことで当番組の影響力はますます高まり、CCTVネット版のSNSと公式ウェブサイトの特集ページのライブ中継だけで、閲覧回数は3634.5万回以上、再生回数は500万回以上に達しています。
 
图片9.png
 
学習研究イベント「水を綺麗にしよう」
 
 
图片10.png
 
学習研究イベント「ジャイアントパンダにご馳走を作ろう」
 
 
图片11.png
 
学習研究イベント「顕微鏡でジャイアントパンダの血液を観察しよう」
 
 
图片12.png
 
ジャイアンパンダの学習研究セミナーのプログラム(計8回)