ホーム>最新ニュース
「四川省ジャイアントパンダ科学研究院」のプレート除幕式を開催
 

 先日、「2019年中国四川省ジャイアントパンダ・インターナショナル・エコツーリズム・フェスティバル」が成都市で開催されました。その開幕式では、中国共産党四川省委員会常任委員兼中国共産党直属四川省機関工作委員会書記の曲木史哈氏と、四川省人民政府副省長の堯斯丹氏によって「四川省ジャイアントパンダ科学研究院」のプレートがお披露目されました。当研究院の院長は、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地書記兼主任の張志和氏が務めます。

 「四川省ジャイアントパンダ科学研究院」の主な任務として、①野生個体群の血統記録管理、遺伝子バンク管理、弱小野生個体群の復興、生息地の保護と復興技術などの基礎研究の展開 ②飼育下のジャイアントパンダの繁殖、野生復帰のトレーニング、疾病予防とコントロールにまつわる研究 ③現存の科学研究機関を生かした「1院、多基地」の協力体制の構築と、ジャイアントパンダの科学研究の掘り下げ ④中国国内外の著名な大学や研究機関と協力し、国家公園における科学研究のプランニング、生態環境や生物多様性の保護、効率的な評価監視システムの構築などの重要分野の科学研究の展開 などが挙げられます。今後、「四川省ジャイアントパンダ科学研究院」は、ジャイアントパンダにまつわる最先端の科学研究分野に照準を合わせて重要課題の研究に取り組み、世界の著名な研究機関や国際組織との長期的な交流を通じ、高水準の科学研究成果を以て中国のジャイアントパンダの保護事業を世界の最先端レベルへと牽引していきたい考えです。