ホーム>最新ニュース
“ヴォイス オブ パンダ” 2019年成都(国際)児童合唱団一行がパンダ谷を訪問
 

 先日、 2019年成都(国際)児童合唱音楽週間が開幕しました。開催の目的として、世界における成都市の影響力を高め、音楽での対話や国際的な児童の技術交流活動の発展と青少年の対外文化交流イベントとしてのブランディングの推進が挙げられます。その他にも、成都市の「三城三都」(三城:文化創意、観光、競技の3項目に著名な都市。三都:国際的なグルメ、音楽、展示イベントの3項目に注力した都)構想を後押しする目的も含まれています。そして、8月12日午前、合唱団の関係者ら約300名がスタッフらに迎えられ、パンダ谷を訪問しました。

 まず、合唱団一行は、パンダ谷のスタッフの案内を受けながらジャイアントパンダの室内運動場を見学しました。合唱団一行は、とても興味津々な様子でジャイアントパンダを鑑賞し、ジャイアントパンダにまつわる様々な話をスタッフから聞いていました。

 続いて、ジャイアントパンダの屋外運動場を見学しました。眠ったり、タケを食べるジャイアントパンダを目の当たりにした児童らは、ジャイアントパンダの可愛らしい姿を次々とカメラに収めていました。

 こうして、合唱団一行のパンダ谷の訪問は幕を閉じ、子供たちの表情は満足そうな笑顔であふれていました。