ホーム>最新ニュース
環境に関心を持ち、生態を保護する ―― 迪邦塗料がジャイアントパンダ「迪迪」(ディディ)の里親になる
 

 先日、「環境に関心を持ち、生態を保護する」をテーマに、広東順徳迪邦塗料実業有限会社(以下、迪邦会社)のジャイアントパンダ「迪迪」(ディディ)の里親認定式が成都ホームランド国際ホテルで行われました。
 里親認定式には迪邦会社の黄志流会長らが出席し、会社全体でジャイアントパンダに関心を持ち、生態・環境保護の輪に加わる意志を正式に表明しました。そして、10万元を寄付し、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地(以下、成都パンダ基地)のジャイアントパンダの里親になり、「迪迪」と命名しました。鄭海兵副社長は認定式でこう述べられました。「迪邦会社は、環境にやさしい塗料の専門企業として、新たなハイテク製品の研究に専念すると共に、環境に寄り添った企業になるべく、エコ製品の生産を押し進めてきました。この度、迪邦会社はジャイアントパンダの里親になることを通じて、より多くの企業がエコ製品の生産の道を共に歩み、環境保護と動物愛護を心がけ、エコで調和が取れた自然のホームを野生動物に与えようと呼び掛けたいのです」
  認定式の後、迪邦会社の上層部御一行は「迪迪」に会うため、彼のホームである成都パンダ基地を訪れました。「迪迪」は今年2歳になるオスのジャイアントパンダです。「迪迪」は、リーダーシップ溢れる性格の中にも可愛らしさや活発さも併せ持っており、その姿に御一行は夢中になっていました。次から次へと「迪迪」との記念撮影を楽しむと、写真を持ち帰って友人に見せたいと嬉しそうに話していました。そして、迪邦会社の新しい一員となった「迪迪」に会うために、再び美しい成都を訪れる日が来ることを楽しみにしていました。